東大生の家庭教師が、息子の中学受験を成功させてくれました

息子が中学受験をしたいと言い出したのは、三年生の時でした。そこで有名な集団指導塾に通わせたのですが、一年後にはすっかり息子はやる気を失くしていました。元より息子は飽きやすい性格で、思いのほか厳しい中学受験勉強にうんざりとしてしまったのでしょう。
ですが息子がこのまま諦め癖がついてはいけないと思い、家庭教師に切り替え勉強を続けさせることにしました。息子一人に集中してくれる家庭教師ならば、息子も勉強から逃げないと思ったのです。また熟練したプロに任せても前回のように上手くいかないだろうと思い、あえて息子の気持ちを分かってくれそうな、学生の家庭教師を選んだのです。そこで来てくれたのが、現役東大生の家庭教師でした。彼はまず息子がどうして受験勉強が嫌になったのかから、じっくりと解きほぐし息子の気持ちを理解してくれました。何と今でこそ東大に通っている彼ですが、昔は大の勉強嫌いだったと言うのです。だからこそ息子の気持ちが分かると、勉強が嫌いな息子を肯定しその上で褒めて伸ばしてくれましたし、また東大生のノウハウを持って勉強を教えてくれました。これが非常に良かったらしく、息子は無事成績を伸ばして志望校の一つに合格できたのです。
子供にとって自分を理解し、認めてくれる先生との出会いは何物にも代えがたい物だと思います。中学受験は長い闘いですので、そんな良い先生を見つけることが一番の合格への近道だと思うのです。